スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画 The Reader

 夜に寮で同じ階に住んでいる女性二人とThe Readerを見に行った。10ドル75セントだから日本の半額程度だかな?
 スモールシアターで25人くらいしか座れないから、すぐに売り切れになる。




(以下、序盤部分に関するネタバレ感想。物語の結末につながる重要なネタバレを含むので、それでもかまわない方のみ反転してみてください。)

 最初の方は童貞高校生と年上乗務員との性愛の物語で、なんじゃこりゃ、ポルノ映画を見にきたんじゃないぞ!という感じであった(モザイクないし。。。) が、だんだんと話はアメリカ人の大好きな方向に進んでいく。
 男子高校生が女性に物語を読むところは、普通の恋愛関係ならば微笑ましいところなんだけど、この女性は文字を書けない(そのために権力者に利用された)ので、女性が自分の体と引き換えに高校生から物語を読んでもらっているようにしか思えず、とてもいやな感じであった。アメリカ契約法を学ぶと、性交渉も交換される「約因」にしか見えなくなるよ!なんて即物的なんだろうね!
 結婚は大きな要素になってないんだけど、小倉千加子『結婚の条件』をなぜか思い出してしまった。


 映画から帰ってからは、甘いもの食べたいね~ってことで、甘いものとチップスに付き合いました。
スポンサーサイト

theme : アメリカ生活
genre : 海外情報

comment

Secre

プロフィール

ひこぼし

Author:ひこぼし
米国東海岸での留学を終えて帰国しました。

ライフゲットぉ~

【備忘録】

ほぼ All-in-One Plugin


全記事表示
リンク
検索フォーム
猫の時計

powered by ブログパーツの森
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。