スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試験期間終了

ようやく試験終わったー。
最後の3日くらいはすごくつらかったなあ。24時間試験が2つにペーパーひとつ。
ペーパーは書き直し覚悟の提出。

会社法が予想を超える鬼で、試験期間始まってから「今年から試験の方式変えます」とアナウンスしやがるんですよ。
5時間で4問なんだけど全て事例問題で、しかも最初の3問はABのいずれかを選択できることになっていて、これが実は落とし穴。どっちを選ぶかで時間がかかる。。。こういうときはえいやってどっちかに選ばないと損ですね、時間が。
会社法の問題が一番簡単で、むしろパートナーシップとか有限会社とかの比重が重かった気がする。LLCは授業ではスキップしたとこだから基本的情報を確認するのに手間取った。。。ひどいなあ。

知財はとりあえず試験勉強が鬼。ケースブックは1200頁でほぼ全部網羅したので、全部読んでいられない。てことで、Gary Myers, PRINCIPLES OF INTELLECTUAL PROPERTY LAW: A CONCISE HORNBOOK (2008)というとっても薄い本を使う。結構助かったけど、著作権の寄与侵害がないとかありえない現象も。途中からはテキストを読むのをやめて、授業中に配布されたPeter Menellのスライドを読み直してまとめるのを中心にした。ても、1回の授業あたり50-100枚あるけどね。。。

知財のテストは4問を24時間。テキスト外の補足資料からは出なかったので良心的だったと思うけど、特許の問題が一番難しかったなあ。進歩性の判断はめっちゃむずかしい。prior artがクレームの形でない場合って、どうすりゃいいのって感じ。
まあ結論として、24時間のテストはきっかり24時間かかるということを実感。。。(クラスメートもそう言ってました)知財の解答は終了10秒くらい前にアップロードしました。

反トラストはもう時間がなくなってきたので、復習は一切せずに先に問題をダウンロードして適宜必要なところを復習。単語数制限が3000字で2760字(10頁)くらい書きました(ちなみに知財は30頁が上限で23頁くらい書いた。。)。
事例問題にほとんどを割いたけど、関連市場画定が難しかった。。。関連市場画定で思い出したけど、アメリカの知財法ほど曖昧なbalancingが多用されている分野ってない気がする。フェア・ユースなんて、事実が少しでも違うと全く逆の結論になるもんなあ。
とりあえず反トラストは2問24時間で、2問目はあんま勉強してないでも解ける自由作文だったので助かった(題材は思いっきりABAでWilligが提唱したfailing economy defenseでした)。

しかしこちらの試験を受けてみて分かるのは、issue spottingと呼ばれる事例問題がよくできていることで、論点を取りこぼしやすい問題になっている(差がつきやすい)。
スポンサーサイト

theme : 留学生活
genre : 海外情報

comment

Secre

プロフィール

ひこぼし

Author:ひこぼし
米国東海岸での留学を終えて帰国しました。

ライフゲットぉ~

【備忘録】

ほぼ All-in-One Plugin


全記事表示
リンク
検索フォーム
猫の時計

powered by ブログパーツの森
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。