FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

所詮は表面的な他者理解

 デスクトップもノートパソコンもやばくなってきたので、学校のリンクからパソコンを探す。
いろいろ見てから午前中にStaplesに見に行ったが、品数が少なすぎていずれも重いものばかり。日本製キーボードに慣れている私としては、一番気になるのが、Enterキーが小さいこと。日本語は変換が多いからEnterキーを多用するが、英語には変換ということが存在しない。
 非常にやばくなってきたマウスも見てみたが、ワイヤレスばかりだったので買わなかった。マウスを選ぶ際には、手のひら全体をマウスに密着した状態でクリックできることが確認する必要。これがなければ手首に負担がかかって疲れる。

 夕方にESLに行ったら非常に人が多かった。社会心理学を勉強しているアメリカ人学生も来ていて、ESLにおける人々のコミュニケーションについて調査するそうだ。彼女は幼少の頃にイタリアにいたそうだが、チューターが彼女の対して、この町のイタリア料理はどうかい?と聞くと、とても微妙な間の後に、まあいいんじゃない、という返答をしていた。
 いいとは思わないけどgoodといわざるを得ない場面はとても多い。日本語の「微妙」という表現がどれほど便利な表現か、と思い知らされる。できることなら常に私はgoodの代わりに「微妙」と答えたい。

 夜は同級生+αと韓国料理を食べる。料理の出てくる順番がばらばらなのと、チヂミの時点でご飯が出てくるなどで、みんな満腹になっていた。肉がおいしかったけど。何箇月ぶりかに、焼肉らしい焼肉をいただいた感じ。おなかいっぱいで30ドルならイタリア料理で20ドル超えるのよりもずっとまし。メキシコ出身のHによると、この町ののスタンドで売っているメキシコ料理はアメリカンメキシコ料理で、本物ではないらしい。NYで何軒かましな店があるくらいだとのこと。やっぱりどの料理もそうなのね。そう考えると、日本の表面的な異文化輸入も日本に特異な欠点ではないのかもと思うところ。
 オックスフォードには日本政府の金で裁判官が留学しに来ているらしい。visitingで通わせるのはどう考えても税金の無駄遣いなのでよく考えてね、日本政府さん。
スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

ひこぼし

Author:ひこぼし
米国東海岸での留学を終えて帰国しました。

ライフゲットぉ~

【備忘録】

ほぼ All-in-One Plugin


全記事表示
リンク
検索フォーム
猫の時計

powered by ブログパーツの森
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。