スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 お昼はインド料理に行ったら大繁盛だった。もう少し早く行けばよかったかな。Dam Aloo(ジャガイモのカレー)が大変おいしかった。前菜とかは今回はいまいちだったかも。
 午後に眠ったら5時過ぎまで起きられず。

 妊娠中絶に関する最高裁判決の予習。なんだか死刑と同じような議論だなこれは。ぶっちゃけ、できるだけ可視的でない形で殺せば合憲というとてもプリミティブな基準になっている。あー、部分露出説とかあったわね。
 可視性という点では、これはトローリーの例とつながるのかも。大雑把にはだいたいこんな話です。
トローリーが誤って線路工事中の労働者の中に突っ込もうとしています。このまま突っ込むと労働者達は跳ねられて5人みんな死んでしまいます。
(1)あなたはトローリーの軌道を変更できるスイッチを動かせます。軌道を変えてトローリーの走る線路を変えると、トローリーが突っ込んで死ぬ労働者は1人ですみます。このときスイッチを押して軌道を変えるのは正しい判断ですか?
(2)同じ状況で、事故が起ころうとしているのを見渡せる陸橋の上にいます。もし近くにいる労働者を突き落としてトローリーを止めれば、線路作業中の5人の労働者はトローリーにはねられずにすみます(もちろん突き落とされた一人は死にます)。あなたは近くの労働者を突き落としますか?
 多くの人々は(1)は正しいけれど(2)は正しくないと判断するのです。んでもって著者達は、これは同じ一人の犠牲で5人の命を救うのに結論が異なるのはおかしい。これは利己的行動として説明できず、感情が人間行動を説明する重要な要素だというわけです。
 ま、法的インプリケーションはまた別のはずなんだけどそこまでは踏み込んでいませんな彼らの論文は。
スポンサーサイト

comment

Secre

プロフィール

ひこぼし

Author:ひこぼし
米国東海岸での留学を終えて帰国しました。

ライフゲットぉ~

【備忘録】

ほぼ All-in-One Plugin


全記事表示
リンク
検索フォーム
猫の時計

powered by ブログパーツの森
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。